この記事は公開から半年以上経過しているため、最新の情報ではない可能性があります💡


おうちでヨーグルトを作ろう!〜おうちにいよう〜

用意するもの

グッデイ!

さてさて、おうちで過ごす時間も多くなり、なにかできないかー?っといろいろ考えてみたりしてて、その中で思いついた「ヨーグルトメーカーでR-1ヨーグルトを作る!」をご紹介します♪

ネットで検索するといろんな作り方が出てくるんですが、ここでは僕が実際に何度か作って、安定して作れた方法をご紹介しますね!

用意するもの🙌

材料🥛

まず材料として用意するものがこちら。

用意するもの

  • 牛乳(1000ml)
  • R-1 ドリンクタイプ
  • 砂糖

R-1はヨーグルトでも作れますが、ドリンクタイプだと1回作るのに半分で作れるので、1本で2回分作れてお得ですよ😉

機材🔌

ヨーグルトメーカーを用意します。

僕は楽天でセールの時に購入しました。安い時だと2,500円位で購入できると思います💡

ちなみに購入したのはこちらです↓

 

作っていきましょー!

1.牛乳を温める

まずは牛乳を電子レンジで温めます。

牛乳パックは開封せずに、まるまる温めます

冷蔵庫から出して部屋の中で常温に戻す方法もありますが、僕は手っ取り早くチンしちゃいますw

800Wで1分、上下逆さにして更に1分温めます

機種やワット数で温める時間は変わると思いますが、牛乳パックを触って人肌程度に温まれば大丈夫です😊

 

2.砂糖を入れる

温めた牛乳パックに砂糖を入れます。

砂糖は小さじ4杯程度

  • 小さじ4杯

ヨーグルトの甘みを出すというよりは、ヨーグルトの菌のために入れるそうです👏

 

R-1を入れる

最後にR-1を入れます。

外のラベルを剥がしておくと、入れた量がわかりやすいです😃

  • R-1ドリンクタイプ 1/2本(半分)

上でも書きましたが、R-1ヨーグルトでも大丈夫です。その場合は1つ丸々入れます。

ドリンクタイプの入れる量について、1/3本でも作れなくはないですが、非常に柔らかいヨーグルトになります。

 

軽く混ぜて開け口を留める

砂糖とR-1を入れたら、軽く混ぜます。

僕は開け口を手でおさえて、逆さにして混ぜてます。

混ぜ終わったら開け口を留めます。

IKEAで買った留め具で留めてます

 

ヨーグルトメーカーにセット🔌

最後にヨーグルトメーカーにセットして終了です!

牛乳パックのまま入ります

  • 温度:43℃
  • 時間:8時間

牛乳パックのまま作るので、温度や時間は少し多めに設定しています。

これで時間になるまで放置。寝る前にセットして、朝完成してるように作るのもいいですね😃

 

R-1ヨーグルト完成ー!!

さーて、8時間経って完成したヨーグルトがこちら!

牛乳パックいっぱいにヨーグルトが!

もー牛乳パックにぎっしりなヨーグルト😆🎶

すぐに食べたくなっちゃいますが、硬さを安定させるため、冷蔵庫でしばらく冷やしますー☝️

 

ジャムを添えていただきます💕

冷えたヨーグルトを器に移していただきます😋

そのままでも美味しいけど、甘さを足すのにいちごジャムを♪

作り方は簡単なのに、美味しいヨーグルトができあがります✨

材料費もあまりかからないので、ぜひ作ってみてくださいね😉🙌

Be the first to comment

コメントを残す